卒塔婆を建てる

   
ⅰ 仏教の世界観をあらわす
 卒塔婆そとうばには、墨で戒名とそれぞれの宗派の聖句あるいは梵字などが書かれています。使者の供養のために建てるものですが、浄土真宗のように卒塔婆を建てない習慣の宗派もあります。よく使われている「塔婆」という呼び名はこの「卒塔婆」の略語です。
  卒塔婆はもともと、古代インドの言葉でストゥーパという言葉を、音訳したものです。ストゥーパとは、仏塔とも訳され、お釈迦様の遺骨を納めた塔の事をいいます。お釈迦様が入滅すると、遺骨が8つに分けられ、8つの国に遺骨を安置するための塔が建てられたのです。その後は、お釈迦様だけではなく、高僧が亡くなってもストゥーパを建てるようになりました。
  ストゥーパはもともとお椀を伏せたような形をしていましたが、時代をおって変化し、仏教が中国を通って日本に来る間に、色々な形に変化しました。
 日本のお寺でよく見ることの出来る五重塔も、もとをたどればストゥーパですし、五輪塔ももとをたどればストゥーパです。
 現在、日本で卒塔婆というと、長さ1~2mほどの「板塔婆」のことを指します。そのかたちは、五輪塔がもとになってできました。このかたちには、仏教の世界観が表現されています。一番下の四角形は「地」をあらわしています。その上の円形は「水」を、その上の三角形は「火」を、その上の半円形は「風」をあらわしています。そして一番上の宝珠型は「空」をあらわしています。
 仏教は地水火風空の5つの要素が、この世界を構成していると考えているのです。そして人間もこの5つの要素によって、生かされていると考えているのです。
 
※卒塔婆の表面には、仏教の宇宙観を表す梵字(サンスクリットも字)や経文、戒名を書き、裏面に施主名や、起塔日を書きます。宗派によって内容は異なります。
 
ⅱ 死者供養のために建てられる
 卒塔婆は死者の供養のために建てられます。お墓は「○○家」と刻まれており、先祖代々の供養のために建てられるものですが、卒塔婆には死者の戒名が書かれ、個人個人の供養のために建てられます。
 お盆やお彼岸、年忌法要のとき、お寺から「卒塔婆を建てて供養しておきますよ」と言われることがあります。また、用事があって法事に行けないときに「卒塔婆を建てておいて下さい」と住所に電話することもあるようです。
 こうした時は、故人を供養するいい機会です。できるだけ卒塔婆供養をお願いしたほうがいいでしょう。また、そのときには必ずお寺に、供養料を納めてください。大きさによって供養料が決められているお寺が多いようです。
 
ⅲ  施餓鬼会せがきえと卒塔婆そとうば供養
 お盆とともに夏の行事の一つとなっているのが施餓鬼会です。本来この施餓鬼会せがきえ施食会せじきえはお盆とは別の行事です。地域によって5月の連休中や、年忌、百ヵ日の法要などにあわせて行う場合もあるようですが、大半の地域ではお盆の期間に行われています。その際にも、卒塔婆を建てて供養を行います。
 仏教で言う餓鬼(がき)とは、いつも飢えと渇きに苦しんでいる亡者のことです。餓鬼の世界はまさしく飢えの世界で、食物があっても食べることが出来ない世界です。食べても喉がハリのように細いので飲み込むことが出来なかったり、食べようとして手にすると、その食物が燃え尽きてしまいます。このような餓鬼に飲食(おんじき)を施して救い出すのが施餓鬼です。
 施餓鬼については「焔口餓鬼陀羅尼経えんくがきだらにきょう」という経典の中で次のような逸話が説かれています。
 お釈迦様の弟子の阿難尊者が修行中、餓鬼に余命3日と告げられ、助かりたくば餓鬼や苦の衆生を供養するように言われます。お釈迦様に救いを求めた阿難尊者は、餓鬼を供養する秘呪を授けられました。それにより寿命は延長し、以後20余年にわたってお釈迦様にお仕えすることができたのです。
 自分の力でその苦しみから抜け出す術はない餓鬼にとって、施餓鬼会が唯一の救いになるとされています。施餓鬼会の法要では、お寺に設けられた施餓鬼檀(棚)に「三界万霊」と書いた位牌を安置し、檀家の人々が持ち寄った込めや野菜、果物、菓子など諸々の食物などと一緒に卒塔婆を建てて法要を行い、亡者を食おう士、その滅罪追福を祈るのです。
 私達は、たべることにより生命を維持しています。その大切さをよく考え、自分や家族だけではなく、広く他人や、さらには動物にも、布施の心で、食物を与え合おうという考え方といえます。施餓鬼会を行い、三界万霊を供養することは、その功徳が施主やその先祖まで及び、先祖への追善ともなります。百ヵ日や年忌の法要の時には、できるだけお寺に頼んで施餓鬼会も営んであげたいものです。
 一部地域では、施餓鬼会の際、通常の板塔婆ではなく、薄い経木でできた水塔婆や紙でできた塔婆を建てるところもあるようです。
◆ なお、卒塔婆をたてない浄土真宗では、施餓鬼会の法要も行いません。
株式会社 石乃店のづき
〒034-0107
青森県十和田市大字洞内字
妻ノ神32-5
TEL.0176-27-2527
FAX.0176-27-3736
お墓、墓地、霊園のことなら全優石
<<株式会社 石乃店のづき>> 〒034-0107 青森県十和田市大字洞内字妻ノ神32-5 TEL:0176-27-2527 FAX:0176-27-3836