お盆法要

   
ⅰ 精霊棚
 多くの地方では、ご先祖様の霊を迎える精霊棚を8月(7月)13日の朝につくります。精霊棚は、盆棚とも言われ、位牌を安置し、お供えをする棚です。茄子で作った牛や胡瓜の馬が供えてあるのを良く見かけるのではないでしょうか。これは、ご先祖様の霊が牛に荷を引かせ、馬に乗って行き来するという言い伝えによるものです。
 
ⅱ お盆の行事
迎え盆・送り盆
 13日の夕方か夜に菩提寺とお墓に参り、祖先の霊を迎えます。これを「精霊迎え」といいます。このときに霊が迷わず帰ってこられるように焚くのが「迎え火」です。地方によってはお墓からの道筋にたくさんの松明を灯すところもあります。そして、16日は送り盆です。この日に、お盆の間一緒に過ごした祖先の霊を送り出すことを「精霊送り」といいます。この時に「送り火」を焚くことも広く行われています。京都の「大文字焼き」も送り火の一つなのです。  
 
新盆
 故人の四十九日の忌明け後、初めて迎えるお盆を「新盆」といいます。アラボン、ニュウボン、アラソンジョ、ニイジョウロ、ネジョウレイなどと呼ぶこともあります。普段のお墓よりも手厚く供養するのは、人の情けとして自然なことでしょう。新盆には親戚や縁者から盆提灯が送られます。地域によって異なりますが、何も絵柄のない白帳提灯を新盆のときだけ使い、送り火で燃やしたりお寺へおさめたりする風習があるようです。毎年のお盆には秋草の模様の入った提灯などを使います。
 
ⅲ お盆の云われ
 お盆は正式には「盂蘭盆会」と言います。これはインドの言葉の一つ、サンスクリット語のウラバンナ(逆さ吊り)を感じで音写したものです。お盆の始まりについては「盂蘭盆会」の中の親孝行の大切さを説いた教えが昔から知られています。それは、「お釈迦様の弟子の中で、神通力一番とされている目連尊者が、ある時神通力によって亡き母が餓鬼道に落ち逆さ吊りにされて苦しんでいると知りました。そこで、どうしたら母親を救えるのかお釈迦様に相談に行きました。するとお釈迦様は「おまえが多くの人に施しをすれば母親は救われる」と言われました。そこで、目連尊者はお釈迦様の教えに従い、夏の修行期間のあける7月15日に多くの僧たちに飲食物をささげて供養したのです。すると、その功徳によって母親は極楽往生がとげられました」という話です。
 それ以来(旧暦)7月15日は、父母や先祖に報恩感謝をささげ、供養をつむ重要な日となったのです。わが国では、推古天皇の14年(606)に、はじめてお盆の行事が行われたと伝えられています。日本各地で行われるお盆の行事は、各地の風習などが加わったり、宗派による違いなどによってさまざまですが、一般的に先祖の霊が帰ってくると考えられています(浄土真宗では霊魂が帰ってくるとは考えない)。日本のお盆は祖先の霊と一緒に過ごす期間なのです。
 
ⅳ お盆の風習
盆踊り
 最近では宗教的な色合いは薄れてきましたが、元来盆踊りは戻ってきた精霊を慰め、送り出すために催されてきました。また、戻ってきた霊が供養のおかげで成仏できた喜びを踊りで表す、と伝えられている地方もあります。
 私達が、祖先に感謝し生きていけることの喜びを表現するために踊ると考えてもよいでしょう。 

月おくれ盆
 今では8月15日を中心に、ひと月おくれの盆行事をするのが、もっとも盛んなようです。これは明治になって新暦が採用されると、7月15日では、当時国民の8割を占めていた農家の人たちにとって、もっとも忙しい時期と重なってしまい都合が悪かったからです。それで、お盆をひと月遅らせ、ゆっくりとご先祖様の供養が出来るようにしたわけです。月おくれ盆にあわせて、毎年帰省ラッシュが騒がれるのはご存知のとおりです。
株式会社 石乃店のづき
〒034-0107
青森県十和田市大字洞内字
妻ノ神32-5
TEL.0176-27-2527
FAX.0176-27-3736
お墓、墓地、霊園のことなら全優石
<<株式会社 石乃店のづき>> 〒034-0107 青森県十和田市大字洞内字妻ノ神32-5 TEL:0176-27-2527 FAX:0176-27-3836